日本人の特徴を紹介


by jtjs2oeghl

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 東京都は6月18日、経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師・介護福祉士候補者の受け入れ事業に関して、国家試験の見直しや学習モデルの開発などの改善を求める要望書を厚生労働省に提出した。

 要望書では、外国人にとって難解な専門用語や漢字の理解は困難で、看護や介護の知識があっても国家試験の問題を解くのは難しいと指摘。専門用語を言い換えたり、注釈を付けたりするなど、国家試験の見直しを求めた。
 また、厚労省は今年度予算で、候補者の日本語習得のための受け入れ施設の取り組みへの助成制度を創設したが、要望書では、専門的な日本語学習や国家試験受験のための講座がほとんどないことを問題視。国と日本語学校、看護師・介護福祉士養成校が協力し、学習モデルを開発するよう提言した。

 要望書ではこのほか、施設内研修の開始前に日本語能力検定2級相当の日本語能力を確実に身に付けられるよう配慮することや、在留期間の更新回数の上限を見直し、国家試験の受験機会を拡大することなどを求めている。


【関連記事】
EPAに基づく事業そのものに「懸念」−省内仕分け
看護師国試合格のインドネシア人が都内で報告会
EPA介護福祉士候補者向け「日本語学習用Web辞書」公開
外国人看護師候補者の受け入れ理由、「将来のテストケース」が8割超
インドネシア人介護福祉士候補者受け入れ施設に実態調査

荒井戦略相 知人宅を「主たる事務所」に 活動実態なく(毎日新聞)
雑記帳 競馬場で「本命当てちゃおう」婚活 盛岡(毎日新聞)
講師にカラ出張要求 研究室ぐるみ強まる 阪大院不正経理疑惑(産経新聞)
三菱重工、焼却炉談合で和解=20億9000万円支払い―名古屋高裁(時事通信)
<話題>「にしん御殿」に「ボタン」花盛り 小樽(毎日新聞)
[PR]
by jtjs2oeghl | 2010-06-19 05:11
 グラクソ・スミスクライン(GSK)は6月7日、田辺三菱製薬の連結子会社である吉富薬品との間で行ってきた抗うつ薬パキシル錠の共同販売促進活動を7月末で終了することで合意したと発表した。8月1日以降はGSK単独で行う。

 GSKは2002年から、精神科領域に特化した吉富薬品と、パキシルの共同販売促進活動を開始。今回、終了に至った経緯について両社は、「パキシルが抗うつ薬として、国内で最も多く処方される重要な地位を確立するなど大きな成果が得られ、共同販売促進活動開始当初の目的を達成したため合意に至った」としている。

 パキシルは選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)で、国内では、▽うつ病・うつ状態▽パニック障害▽強迫性障害▽社会不安障害―の適応を持っている。GSKによると、昨年の国内の抗うつ薬市場規模は推計1200億円(薬価ベース)で、パキシルの売上高は520億円だった。


【関連記事】
HPVワクチン接種者の平均年齢は31.4歳
抗凝固薬アリクストラに急性肺血栓塞栓症などの効能追加申請―GSK
GSK、日本市場で高成長
アナリストに聞く製薬業界の動向(下)―酒井文義氏(クレディ・スイス証券医薬品シニア・アナリスト)
今年度の業績、「大幅な減収・減益を予想」―田辺三菱

閣僚人事は小幅と菅氏示唆=樽床氏「衆院定数を80削減」―民主代表選(時事通信)
可視光で光触媒の働き=将来の水素生産期待―物質・材料機構(時事通信)
首相辞任で農水省「口蹄疫、やるべきことをやるだけ」(産経新聞)
ミズバショウはこれから本番 シーズン到来の尾瀬(産経新聞)
波形手すり 全国で増殖 楽に上り下り、おしゃれ演出(産経新聞)
[PR]
by jtjs2oeghl | 2010-06-08 13:36