日本人の特徴を紹介


by jtjs2oeghl

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 29日午前7時50分ごろ、千葉県富津市千種新田の無職、徳島由美子さん(56)方木造平屋建て住宅から出火、約50平方メートルが全焼した。焼け跡から徳島さんとみられる遺体が見つかった。

 富津署によると、徳島さんは市立中学3年の二女(14)と2人暮らし。二女は寝ていたところを徳島さんに「火事だから外に逃げろ」と起こされ、無事だった。

 同署は、徳島さんが猫を10匹ほど飼育していた部屋が出火場所とみており、原因を調べている。

【関連記事】
千葉の放火殺人 ストーカー男の娘も関与
横浜で団地火災、2人死亡 車いすの妻と夫か
なぜ?順風な一家に何が… 伊勢崎市の全焼火災
高1がアルコールに火をつけ遊んでいたら住宅火災
「生きているのがいやになった」 自宅に放火容疑で逮捕

首相、北海道訪問を中止…口蹄疫や沈没事件で(読売新聞)
「泥棒」と追いかけられ? 特急にはねられた男性死亡 (産経新聞)
笑いはストレス軽減 吉本興業や江崎グリコなどが実証(産経新聞)
<サクランボ>4年ぶり豊作 山形県の対策推進協予測(毎日新聞)
ワクチン接種、22日午前にも開始=宮崎の口蹄疫(時事通信)
[PR]
by jtjs2oeghl | 2010-05-29 16:34
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、元私設秘書池田光智被告(32)が東京地検特捜部の再聴取に対し、政治資金収支報告書の虚偽記載について「小沢氏に報告し、了承を得た」と改めて供述したことが19日、関係者の話で分かった。衆院議員石川知裕被告(36)も、同様に小沢氏の関与を認める供述を維持したという。
 一方で、両被告は小沢氏の具体的な指示など新たな供述はしておらず、検察当局は共謀の立証は困難と判断、一両日中に小沢氏を再び不起訴とする方針。
 東京第5検察審査会の「起訴相当」議決を受け、特捜部は15日に小沢氏、17日に石川被告、18日に池田被告と元公設第1秘書大久保隆規被告(48)をそれぞれ再聴取した。
 起訴前の取り調べで池田被告は、2005年分の陸山会の虚偽記載について、小沢氏から了承を得たなどと供述。石川被告も04年分の虚偽記載に関して同様の供述をしていた。同審査会はこれらの供述を、小沢氏の共謀を示す直接証拠として挙げた。
 関係者によると、再聴取に対し、池田、石川両被告はいずれも、虚偽記載の了承など小沢氏の関与を認める供述を維持した。
 一方、大久保被告は起訴前後を通じて、小沢氏の関与を否定しているという。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

<バラとガーデニングショウ>100万輪 西武ドームで開幕(毎日新聞)
若葉の季節も魅力満喫 奈良・吉野「歌藤」(産経新聞)
<特別民間法人>天下り横行 常勤役員130人の半数占める(毎日新聞)
普天間、地元の理解が先=党首討論の発言修正−鳩山首相(時事通信)
インドの82歳男性「70年以上食事せず」 驚異の体、解明なるか(産経新聞)
[PR]
by jtjs2oeghl | 2010-05-21 17:57
 鉄道を撮り続け、60年。SLや電車のいる風景に、半世紀以上もレンズを向けてきた鉄道写真家、広田尚敬(なおたか)の足跡の集大成となる写真集が連続して発売されている。昭和10年生まれ、75歳となる広田は現役カメラマンとして、今も日本各地を回って鉄道写真を撮り続けている。

 刊行されているのは、広田尚敬鉄道写真60周年記念出版企画「広田尚敬の時代」シリーズの「Fの時代」から、「VSの時代」「Nの時代」と続き、「永遠の蒸気機関車 Cの時代」までの計7冊。

 「覚えてますよ。昭和25年、中3のときに(東京の)田町電車区にノコノコと入っていきました。確か3、4人いたと思います。半袖で9月だったかな。運転台に乗っかって、仲間たちと写真を撮りました。当時は、カギなんかもかかっていなかったんですよ」

 戦後間もなく、人々が大らかで開けっぴろげだった時代に鉄道写真家としてスタートを切った。「野球もやりたかったし、電車の運転手もいいなと思っていた」。旅が好きで、旅行添乗員も視野に入れていたが、やはり写真の道に進み、鉄道と(夫人の仕事関係の)ハーブの写真を撮ってきた。現在も月に1回、さらなる鉄道写真を求めて旅に出る。積み重ねた年月は60年に達し、今年は写真集以外にも展覧会など記念行事も行われる。

 作り方も凝っている。

 たとえば、「Fの時代」は、構図的にはトリミングをせず、ページいっぱいを使い、文字や数字は一切入れなかった。だから迫力あるSLの姿、鉄道と接する人々の生き生きした表情がそのままに目に飛び込んでくる。作品選定でも、写真家がイメージしていた本の内容と、広田ファンでもある編集者の希望とがぶつかり合い、両者の中で理想の写真集に驀進(ばくしん)していったという。

 この企画が終わったら、今度は子供向けの本や企画を充実させていきたいという。いまは写真集の仕事に追われて、「一番、時間を短く感じるようになった。足りない、忙しいと思うのは年齢のせいかもしれません」。節目の年を迎えても、どこまでも続く鉄道レールのように広田の仕事に終わりはない。(生田誠)

【関連記事】
あの頃の国鉄にタイムスリップ 蘇る音鉄CDが大人気
“日の丸トレイン”欧州へGo! 日立、ビッグ3に挑む
交通オタク増殖の余波!? 都営交通モニター大人気
バンダイ、デフォルメ鉄プラ「新幹線500系のぞみ」発売
「Y151」横浜活性化へ6月開催 開港200周年まで続ける予定
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

女優の原田美枝子さんが接触事故 東京・杉並の都道交差点で(産経新聞)
爪は健康のバロメーター 手入れで健康管理に一役(産経新聞)
8歳男児に暴行、父親逮捕=福島県警(時事通信)
海中、ようやく春 和歌山・串本町(産経新聞)
疾病牛の肝臓を販売=無許可卸売業者ら逮捕−栃木県警(時事通信)
[PR]
by jtjs2oeghl | 2010-05-13 12:35